肌はとても脆くて傷つきやすい性質を持っています。日常生活を改善して肌を守ることも大切ですが、どんなに日々の暮らしの中で気をつけていても避けられない刺激というものは存在しますので、ケアに必要な情報をご紹介していきます。

何歳から肌の老化が始まるのか

肌の老化は、25歳前後からと言われていますが、既に20歳が若さのピークとも言われています。実際に皮膚に年齢を感じはじめるのは、本人の自覚としては25歳を過ぎたあたりからです。今までは体験したことのない、肌トラブルを実感するようになってきますが、これが老化現象でもあります。誰でも年齢は重ねますし、老化は人間としても自然な現象です。しかし肌には、今までの食生活やライフスタイル、どんな生活をしてきたかなども、全て表れてくるのです。

10代の時であれば、メイクを頻繁にすることもないですし、洗顔してスキンケアもそれほどしなくても、若々しい元気な皮膚は健在です。しかし成人した皮膚は、そんな若い頃とは話が違ってきます。今までどんなケアをしてきたのか、生活習慣などもダイレクトに皮膚に出てきます。漠然と不安を感じる前に、早い段階で正しいスキンケアと、生活習慣の見直しをしていくことが必要になってきます。

なぜ大人になると、どんどん皮膚の老化もスピードアップするかというと、コラーゲンの現象も理由の一つです。活性酸素も増加しますし、ターンオーバーも乱れてきます。コラーゲンは皮膚の弾力を維持するためにも、ハリや潤いを維持するためにも必須です、コラーゲンが少なくなると、笑いジワも元に戻りにくくなります。地球の重力にも負けるので、たるみも出てきます。年齢的には、25歳位から一気に急降下していきます。

活性酸素が増えるのも仕方がないことですが、これは老化とともに健康にも良くはありません。規則正しい食事と生活を心がけて、太陽の紫外線からは、しっかりと肌を守っていくことです。ターンオーバーも正常化させるために、食事と睡眠を正すことです。