肌はとても脆くて傷つきやすい性質を持っています。日常生活を改善して肌を守ることも大切ですが、どんなに日々の暮らしの中で気をつけていても避けられない刺激というものは存在しますので、ケアに必要な情報をご紹介していきます。

ニキビになりやすい肌質は遺伝する

ニキビそのものは遺伝病などではありませんが、ニキビになりやすい肌質については遺伝します。ニキビになりやすい肌質や体質というものはあります。注意すべきものとしては、毛穴が小さくて詰まりやすいことや、代謝機能が低くてターンオーバーがスムーズでないこと、皮脂の量が多いことなどがあげられます。このような体質を遺伝で受け取ってしまうとニキビの出来やすい肌になります。
だからといって、諦める必要はありません。スキンケアなどにより予防や改善をしていくことは可能だからです。最初から出来やすい体質であることが分かっているのなら、適切なスキンケアや治療により予防をしていくことはできます。遺伝よりも重要なのは生活習慣です。生活習慣も両親の影響をうけます。ニキビの出来やすい生活習慣を両親から受け継いでしまうことのほうが影響が大きいですから、ニキビを予防できるような生活習慣を心掛けましょう。
運動不足や夜更かし、寝不足といった生活習慣は避けましょう。食事の内容も大切です。栄養バランスのよい食事を心がけましょう。肌質に問題がある上に、生活習慣やスキンケアも間違っていれば出来やすくなるのは当然です。ニキビを作らないためには、規則正しく健康的な生活習慣を心掛けましょう。正しい洗顔は予防の基本です。よく泡立てた洗顔料を使って優しく洗いましょう。しっかりとすすぎ、柔らかくて清潔なタオルで優しく拭き、保湿をキチンとしましょう。せっかく洗って清潔にしても、すぐに雑菌が増えるような状態を作れば出来やすくなります。肌を刺激するのもよくありません。寝具やタオルなど、肌に触れるものはなるべく清潔に、刺激が少ないものを心掛けましょう。