肌を守る・蘇らせる

肌はとても脆くて傷つきやすい性質を持っています。日常生活を改善して肌を守ることも大切ですが、どんなに日々の暮らしの中で気をつけていても避けられない刺激というものは存在しますので、ケアに必要な情報をご紹介していきます。

肌への刺激予防とスキンケア方法

素肌への刺激予防としてするべきことは、基本的には毎日の紫外線対策です。紫外線対策をすることで、太陽の紫外線から素肌を守ることになります。日焼け止めクリームは、顔だけではなく、肌が露出している、首や手の甲にも塗ることです。太陽の日差しは、皮膚にとって鉢良い刺激になります。毎日のように紫外線対策もしないで、日差しにあたって日焼けをしていると、皮膚はどんどん乾燥していきます。その結果、乾いた皮膚は刺激に弱くなり、トラブルを起こします。

刺激予防対策として、洗顔やクレンジングは正しく行うようにしましょう。特に女性はメイクをしますから、クレンジング剤を使用したメイクオフは、ほとんど毎日行う人もいます。クレンジング剤は、油分を落とすために成分も強力です。そのため、いつまでもメイクとなじませていないで、やさしくマッサージしたら、ぬるま湯でよくすすぎましょう。洗顔においては、ゴシゴシとこするような洗い方は刺激が強いです。洗顔は優しく、洗顔料の泡で洗うのが基本になります。

潤いあふれる健やかな皮膚を維持するためにも、スキンケアは非常に重要です。ニキビができたからとか、乾燥しがちだからといって、化粧水をつけたり、スキンケアをしないというのは言語道断です。まずは正しい洗顔をして、汚れを落としましょう。そのうえで、水分をたっぷりと含んでいる化粧水を、顔や首などにたっぷりと塗布していきましょう。1回ではなく、数回の重ねづけをしていくのがコツです。美容成分豊富な美容液も使います。最後の仕上げは、美容クリームの油分で、たっぷりと入れた化粧水や美容液が丈八をしないように、フタをする目的で使用します。クリームはベタベタと塗るのではなく、薄く全体的に伸ばします。

▼肌のスキンケアと同時にまつ毛のケアを行ないませんか?
ケアプロスト